前へ
次へ

学習塾をあえて通いにくいところにする

学習塾を選ぶときの条件として通いやすいかどうかを挙げることは多いでしょう。
放課後に通うケースが多いでしょうが、すると夕方に行って夜に帰ってくることも多くなりそうです。
となると暗い中を子供に通塾させないといけないので、あまり通いにくいところだと負担も大きいですし心配も増えます。
もちろん近くにないのであればできるだけ近いところとなるでしょうが、近いところも遠いところもあるなら通常は近いところを選ぶのでしょう。
ただ学習塾選びにおいてあえて通いにくいところを選ぶこともあるようです。
自転車で10分ほどで行けるところもあるが、送迎バスで30分かかるところ、電車やバスで1時間かかるところに通わせることもあるようです。
自転車で10分ぐらいだとあまりに近すぎて遊びの延長で通ってしまうケースがあります。
一方時間をかけて通塾をするとその間に勉強モードになり勉強に集中しやすくなります。
普段と違う環境で気持ちを引き締めやすいメリットもあるようです。

Page Top